「91Days」マフィアに対する執念深い復讐劇

「91Days」マフィアに対する執念深い復讐劇

引用:http://honyakutyuihou.hatenablog.com/entry/anime/91days01

・家族を殺された復讐のために復讐相手の内側から復讐を果たしていく物語です。
・ハードボイルドな人物たちと成し遂げられる復讐劇が好きな方たちにおすすめです。

世界観

引用:https://news.prcm.jp/article/76325

酒が法律により規制されている世界です。
そのため酒はマフィアの収入源となっています。
物語のキーアイテムとなる「ローレスヘブン」は人を生かしたり殺したりしてしまうことになります。

ファミリー

各マフィア組織を〇〇ファミリーと呼称されています。
主人公が復讐心を抱きながら入ったヴァネッティファミリーや、そのファミリーとよく衝突があるオルコファミリーなどがあります。

復讐劇

復讐のために家族を殺した者たちを主人公は殺していきます。
ただでさえマフィア組織間の抗争により人が死んでいきますが、様々な人の思惑により命をとったりとられたりが繰り広げられます。

渋いキャラクターたち

舐められたら終わりの世界のため、登場人物の殆どは渋い顔立ちをしています。
特に各ファミリーのボスは存在感が強く、容易に近づくことができない雰囲気を醸し出しています。

91Days

作品タイトルの「91Days」は復讐劇の日数を示しています。
マフィアの世界では人の生死で入れ替わりが早いのか、主人公が潜り込んだファミリーのボスが人を見る目がなかったのか、たった数ヶ月で主人公はファミリーの主要な人物となり、復讐のために家族殺害に関わったファミリーの一員たちを殺していきます。

 

登場キャラクター

 

アヴィリオ(CV.近藤隆)

引用:http://tama-yura.jp/animetory/character/?pid=334&cid=3420

家族を殺された復讐心で、家族を殺したマフィア組織に入り込みます。
感情的になりふり構わず復讐するのではなく、関わったものすべてを確実に殺すためにしたたかに行動をします。
復讐のために家族を殺した人間たちに信頼されるために無碍な行動は取りません。
いくら冷静沈着な彼でも、目的のために出てしまった障害が彼の親友となったときはためらってしまいました。
大切な人たちの復讐のために、大切な人の命を奪わなければならない。
その矛盾に彼はさいなまれましたが、彼の親友は彼の目的のために死を受け入れました。

ネロ(CV.江口拓也)

引用:https://textream.yahoo.co.jp/message/552022804/e8038e541c1950e3b0c4810af1724436/1/5412

主人公の家族殺害の場にいたひとり。
彼は当時まだ人を殺す覚悟ができていなかったため、直接的には彼の家族を殺めなかったが、主人公の復讐の相手の一人となっています。
寛容な正確というよりは優しさがあり、時に冷酷で残虐な行為を行うマフィアを束ねる玉になるとは思えないような性格です。
結局はその性格のせいで、ずっと彼のもとにいた部下の警告よりも、たった数ヶ月の付き合いの主人公を信じてしまうことになります。

コルテオ(CV.斉藤壮馬)

引用:http://tama-yura.jp/animetory/character/?pid=334&cid=3423

主人公の幼馴染で密造酒の製造をしています。
コルテオの造る酒は絶品であり、コルテオの酒のおかげで主人公は復讐相手のヴァネッティファミリーの一員となることができました。
コルテオは可能な限りで主人公の復讐に手助けをしますが、できることなら平穏に過ごしていたいと思っており、ときには危険な状況に巻き込んだ主人公を咎めます。
コルテオの密造酒「ローレスヘブン」は誰もが欲しがっています。
そのため非力な彼でもローレスヘブンのレシピが彼の脳内にのみにあるため、殺されるようなことはありません。

ファンゴ(CV.津田健次郎)

引用:http://tama-yura.jp/animetory/character/?pid=334&cid=3424

奇抜な考えと行動をする人物であり、口調にも特徴がありとても目立つ人物です。
躊躇するどころか楽しんで人を殺めます。
人が苦しむところが好きというよりも、その行為自体が好きなようで、SMプレイでM側を楽しんだりしています。

バルベロ(CV.櫻井孝宏)

引用:https://anibu.jp/20160922-91days10-36644.html

ネロの片腕です。
最期までずっと主人公を疑い、ネロに信用出来ないと忠告してきていました。
しかしながら人のいいネロにはその忠告は届きませんでした。

 

スポンサードリンク

見どころ

引用:https://kaku-san.jp/campaigns/impressions/91days?sort=4

マフィアが牛耳る世界

マフィアの武力が最も強い権力を持っているようで、警察さえも彼らに抗うことができないようです。
しかし、ある日新しい取締官が来て、テレビを通じて悪には屈しないと堂々と宣言をしました。
マフィアに怯えながら日々を過ごしている住人たちは、その宣言にわずかな希望を持ちました。
彼の働きにより違法である酒の取締が強化され、マフィアたちの収入が減ることとなってしまいます。
当然マフィア側は黙っているはずもなく、取締官に脅しをかけます。
脅しの方法は実にマフィア的であり、その取締官の家族を手に掛けるというものでした。
しかしながら取締官とある意味で友好な関係を築きたいのか、家族に手をかけたと見せかけたものであり、温情的な脅しでした。
その取締官はつぎマフィアの妨害をしたら家族を殺されてしまうことを知らしめられ、心が折れて街を去ってしまいます。

ラザニア

オルコファミリーのボスのオルコは肉料理のラザニアにとてもうるさい人物でした。
オルコはぶくぶくとした体型であり、それを気遣って本来とは違うラザニアを作ってしまったシェフは粛清されてしまいました。
食べ物に失礼になりますが、食べ物ごときでとは思いますが、どの幹部もオルコに歯向かうことはできませんでした。
そんなオルコは生け捕りにされてファンゴの手によりラザニアにされてしまいます。
それを知らずに食べさせられた元オルコファミリーの幹部たちは美味しそうに食べ、オルコによってビクビクしていた幹部たちは新しいボスは恐怖で押さえつけるような人物ではないと思ったかのようでした。
しかしそれも束の間、オルコの人肉

でできたラザニアと知らされて幹部たちはたちまち気分が悪くなり、オルコよりももっと悪いものがボスになってしまったと感じているようでした。

ファンゴの最期

奇抜な人物でしたが彼の最期はあっけないものでした。
マフィアの収入源となる美酒「ローレスヘブン」を造った非力な主人公の幼馴染のコルテオに殺されてしまいます。
ローレスヘブンのレシピを入手してしまったファンゴは、それを独占すべく用済みになってしまったコルテオを殺そうとしました。
しかしながら「窮鼠猫を噛む」
隙を見せてしまったファンゴはコルテオに撲殺されました。

コルテオの最期

避けようのない疑いのかかった主人公の幼馴染のコルテオは処分されることとなりました。
そしてその処分はヴァネッティファミリーへの忠誠の証とするために主人公のアヴィリオが任命されました。
大切な実の家族を殺されたから復習するためにヴァネッティファミリーに潜り込んだアヴィリオです。
その目的を達するために幼馴染でこの復讐劇のために協力してくれたコルテオを殺さなければならなくなったのです。
そして最期の時まで主人公の復讐を手助けするためにコルテオはアヴィリオに自分を殺すように促しました。

ネロの決断

復讐劇はネロの手によっておこらなかったかもしれません。
主人公のアヴィリオの家族を殺害した時にアヴィリオに対してネロが引き金を引けていたのならば、アヴィリオが再びネロの前に表れてすべてを奪うようなことはおこらなかったからです。
逃げゆく子供の背中に向けて引き金を引けなかったネロの判断が引き起こしてしまった復讐劇だったのです。
かなり怖い話ですが、復讐をされぬように根絶やししなければこのような結末が待っていると言われているようなかんじになります。

作品の魅力のまとめ

引用:http://www.pashplus.jp/anime/30845/

・渋いキャラクターたち
・慈悲のない殺し合い
・復讐という目的を遂行しきった主人公

・ハードボイルドな人物たちと成し遂げられる復讐劇が好きな方たちにおすすめです。

ヲタクに婚活は難しくない!

アニメが好きな人!
でも、この趣味を理解してくれる人は少ないのかも・・・

そんな事はありません!!
好きな事!諦めず

結婚も諦めれない人必見!!

まずは無料相談してみてくださいな!!

LINE@始めました!!

登録よろしくお願い致します。

友だち追加

アクションをカテゴリの最新記事